FC2ブログ
岡山大学の学生や教職員を中心に結成した被災地支援団体です。
page top
Action +36℃ 3日目!!
Action+36℃ 3日目!! 今日は、もーみんがお伝えします(*^_^*)

今日は福島県で日本舞踊を学ぶ里の子会の子どもたちと朝から合流して、
同じバスで宮城県南三陸町に向かいました。
バスの中では、おかバトメンバーと里の子会の子どもたちとでお互いの他己紹介をして、
わきあいあいと過ごしました!


お昼すぎに南三陸町に到着して、
まずは さんさん商店街でお昼ご飯を一緒に食べました!
あまりゆったりとは過ごせなかったけれど、
たくさんのお店が並んでいて、その中から各々好きなご飯を選んで、
フードコートで一緒に楽しくおいしく食べました(^^)


そのあとは、
さんさん商店街の中にある佐藤信一さんのスタジオをみんなで訪れました。

03223


テレビや新聞の中で聞いていた震災のこと…。

実際に被災された方のお話を、
その方の表情やしぐさなどを交えながらうかがうことで、
より鮮明に“震災”ということを受け止めることができました。

「わすれないでほしい。」

佐藤さんのその言葉が、いま自分が行っていること、そして
これから岡山でしていきたいこと、おかやまバトンとしての今後。

そのすべてに対しての一つの大きなヒントになりました。

岡山という地でできること、岡山という地だからこそできること、
3年たった今できること、3年たった今だからこそできること。

おかやまバトンのメンバーとともに、
これからも考え続け、行動し続けていきたい、
と強く思いました。




そして、いよいよこのツアーのメインがやってきました!!!!!!!!


「志津川中学校野球部の子どもたち」と「福島県の里の子会の子どもたち」との交流会です!!

03221


交流会では自己紹介をしたり、夏と冬のプロジェクトの様子をまとめたムービーを見たり、
楽しいクイズ大会をしたり…
里の子会の子どもたちが日本舞踊を披露してくれました!
いつもよりちょっぴり緊張した様子の子どもたちを、
おかバトメンバーはまるで親のような目線で見ていたけれど、



やっぱり里の子会の子どもたちはすごい。。
里の子会の子どもたちの踊りには本当に、勇気とか、笑顔とか、
人にたくさんのパワーを与える魅力がありました。

6.jpg


ずっとずっと夢だったこと。
それが今日、ここ南三陸で実現しました。


福島の里の子会の子どもたちと宮城の志津川っ子たちは、
私たちおかやまバトンのメンバーにとって
もう一つの家族のような、本当に大切なたいせつな存在です。

そんな大好きな子どもたちが、同じ空間で、同じときを過ごしていることが
なんだか不思議で、…とっても幸せな気持ちでいっぱいでした。


そして、それと同時に私が一番思ったこと。

自分たちが、どれだけ多くの人に支えられているのか…。
おかバトが、どれだけ多くの方の“想い”に支えられているのか…。

今日、また、
新たな絆を生むことができたのも、
こんな素敵な空間をつくることができたのも、
本当に多くの方々の変わらぬご支援と、
おかバトの想いに対しての賛同があってのことです。

そんな、私たちのことを支えてくださっている多くの方々の存在がどれだけありがたいことなのか…
本当に、胸が熱くなるほど感謝の気持ちでいっぱいになりました。
本当にありがとうございました。




そして!!!!!!!!!!
交流会の後は、さんさん商店街内の松原食堂さんで、みんな楽しみにしていた
“キラキラ丼”を食べました~~~~(^O^)★

03225


ここでも、子どもたちとたくさん交流できて本当に楽しい時間を過ごしました!

あ~、幸せだったなああああああああああ(*^_^*)

最後にパチリ★


03224






明日は、ついに最終日!!!!!

子どもたちと過ごせる時間を思いっ切り楽しみます(*^_^*)
スポンサーサイト



page top
Action +36℃ 2日目!
Action+36℃、2日目!今日はかほがブログを担当します。

朝起きて美味しい朝ご飯をいただいたら、福島テルサに移動!
福島県立医科大学の学生さんたちで構成されている、Fukushima Willという災害医療を考える
サークルの皆さんとの交流会です。
グループに分かれてディスカッションをしました。
内容は「これから被災地のためにやりたいこと」「おかバトとFukushima Will一緒に何かできることはないか」
など、未来に向けて前向きな話し合いができました。
医大生であるからこそできること、多くの学部の学生が集まっているからこその強みなどを
再確認できました(^^)
どのグループも話がはずんでとっても濃い時間を過ごせました。
Fukushima Willのみなさん、今日はありがとうございました!
これから協力し合って頑張りましょう\(^o^)/

3213.jpg



午後は少しの間福島駅で自由行動。
おみやげを買ったり、カフェで一休みをしたり、思い思いに過ごしました。

駅から少し歩いたところに「除染プラザ」という原発や放射能について学べる施設があります。
除染プラザに行って職員さんに放射能についての講義をしていただきました。
放射能について、原発について、わかりやすく説明していただいて、
今まで分からなかった難しい用語や数字について理解することができました。
展示もわかりやすくて、職員さんもやさしく説明してくださいました(^^)
ありがとうございました。

321.jpg


そして夕方からは「一般社団法人伝統文化みらい協会」の設立記念披露宴に出席させていただきました!
おかやまバトンについての紹介をさせていただいたのですが、
豪華な出席者の方々やきれいな会場に圧倒されてめちゃくちゃ緊張しました(笑)
多くの福島の方に知っていただける機会をいただけてうれしかったです(^^)

3212.jpg


なによりも、里の子たちの日本舞踊に感動しっぱなしでした!!!
普段のかわいくて無邪気な里の子たちと、大人っぽい綺麗な姿とのギャップにやられました!
最後には新曲も披露してくれて、感動のあまり涙が出てしまいました。
踊りの持つ力を再確認できました。
立派な披露宴にご招待いただき、本当にありがとうございました!

おなかも心も満たされたら、旅館に戻って明日に備えてしっかり休みます。
明日も充実した旅にできるように頑張ります(*^_^*)
page top
Action +36℃☆1日目
こんばんは!

昨日出発したAction+36℃東北ツアー、無事に福島に到着しました。
DSCN0005_convert_20140320225750.jpg


着いてすぐにミーティング。
どうしてこの企画に参加しようと思ったのか、「震災」「復興」のイメージ、自分達になにができるか……

それぞれの想いがあふれて、気付くと2時間も経っていました。
こんなふうにいろいろな立場の人の震災への想いを聞く機会ってなかなかないですよね。
本当に胸が熱くなるような、素敵な時間でした。

DSCN0018_convert_20140320223230.jpg
DSCN0019_convert_20140320223511.jpg

そして里の子との再会。
はじめましての人たちもたくさんいたけど、子ども達の天真爛漫な雰囲気のおかげで、すぐに打ち解けていました。
かわいい!かわいい!!かわいいいいい!!!
本当にかわいい子ども達です。あらためてだいすき。
DSCN0060_convert_20140320230017.jpg


じゃんけん列車をして盛り上がった後、グループに分かれて被災の話を聞きました。
今まで遠慮して聞けなかったような事も,すこし、踏み込んで。

3年間で確かな関係を築いてきたからこそ初めて話せる内容でした。
印象に残ってるのは,福島の子ども達も私たちと同じくらい放射能に関する知識がない事。
もっと教えられてるのかと思ってたけど,どの数値から危険なのか、どんな影響があるのか、放射能に対する危機感も、人それぞれ。でもみんな、漠然とした不安を抱えている様子でした。

それから、「将来もずっと福島にいたい?」という質問に対してほぼ全員が「福島にいたい!」と答えました。
子ども達は,自分のふるさとが大好きなんです。
そんな大好きなふるさとが風評被害にさらされ避けられていることに傷ついていました。

まだまだ書ききれないけれど,残りは5月17日の報告会で。
また詳細をお知らせ致します。


本日の宿は飯坂温泉赤川屋。
大雪にさらされた体に、温泉がしみました。
DSCN0071_convert_20140320225516.jpg
DSCN0073_convert_20140320225344.jpg



明日は福島県立医科大学の学生との交流と除染プラザの視察、ふくしまバトン設立総会です。
元気に楽しくたくさんのことを吸収したいです。
page top
3月11日 Action!
こんばんは。今日は3月11日ですね。
そう、あの日からちょうど3年が経ちました。

14時46分、黙祷と同時に東北にいるたくさんの大切な子ども達の顔が次々に浮かんできました。
大切な人の、大切な生活を奪ったあの震災を、私たちは忘れてはならないと強く思います。

大好きな東北に寄り添う、そんな一日でありました。
きっと日本中のみなさんが、震災で亡くなられた方々と被災地で頑張る人々に想いを寄せたのではないかと思います。



私たちは来年もその次も、自分たちにできる事は何か問い続けたいです。
「息の長い被災地支援」を、これからもずっと。




さて、話は変わりますが,現在おかやまバトンではAction+36℃という企画で,東北ツアーを計画しています。
3月19日から24日まで、福島や南三陸に行って参ります。
内容は、子ども達との再会や交流、現地の視察、岡山に帰っての報告会などです。

コープさんやその他たくさんの方々の寄付によって行くことができます。
本当に感謝です。

先日贈呈式がありました。
「3年目の今だからできること、学生の自分たちだからできることがきっとあると思う。子ども達の心のよりどころのような、そんな存在になりたい。」と話しました。


また、本日から「なないろ組」というサイトで寄付を集めます。

岡山をまきこんで、被災地支援をする。

お金も権力もない学生ですが,心の中にはたくさんの想いがあって,東北が大好きで,岡山が大好きです。
未熟な私たちではありますが,一人でも多くの方にご支援頂き、一日でも長く被災地の支援を継続したいと願っております。

http://www.nanairo-gumi.jp/crowd/index.php?c=crowd_view&pk=323

東北ツアーについては5月17日に報告会をする予定です。
そちらもあわせてよろしくお願いします。





おかやまバトン 玉置
© おかやまバトン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG