FC2ブログ
岡山大学の学生や教職員を中心に結成した被災地支援団体です。
page top
コープフェスタ!!
こんにちは!
2回生のぺいです
9月23日にコンベックス岡山で開催されましたコープフェスタについてご報告させていただきます!

今回おかやまバトンでは、災害時に活用できる新聞紙で容器やスリッパを作る体験ブースを開きました。大人から子どもまでたくさんの方に参加していただき、防災の大切さや災害時にできる工夫を一緒に考えることができました。
348887_convert_20171010203906_20171010204635e31.jpg


親子でたくさん来てくださり、特に紙のスリッパを作って足場の悪いところを歩くという体験はとても人気でした。
348888_convert_20171010204427.jpg


親子で一緒につくり実際に歩いている様子です。
348891_convert_20171010204510.jpg
348892_convert_20171010204542.jpg


他にも、紙で作った容器を使い非常食のカレーを食べる体験も行いました。
348890_convert_20171010204331.jpg


今回のおかやまバトンのブースは大繁盛!大人から子どもまで、また、親子で一緒に体験することができたので、防災意識の低い岡山ではありますが一歩前進したかと思います。この調子で一歩一歩防災意識を高められるように活動していこうと思います!応援よろしくお願いします。
348889_convert_20171010204243.jpg

スポンサーサイト



page top
ふくしまバトン×おかやまバトン共同企画 4日目
こんにちは!
3回生のあおいです。

まずは、ふくしまバトン主催の8月9日~12日の4日間実施させていただいたプロジェクトが無事終了しましたことを、最終日の様子と合わせてご報告させていただきます!


812日(土)、ついに4日目です!
まずは、起床してから全員で朝ごはん!

そして、身支度を整えてから旅館の方々に挨拶をし、バスに乗り込み福島駅へ!

福島駅に移動し、お土産タイム!
各々、お土産を買ったり、プリクラを撮ったり、新幹線の中で食べるお昼ご飯を買ったり、写真を撮りあったり、最後のひと時を満喫しました。

そして、お別れの時間です。
駅のホームで満面の笑みでお礼を言ったり、ちょっとしんみりしたり、写真をとったり、涙をながしたり、抱き合ったり、、、、
それぞれが4日間を思い出し、充実した時間を過ごすことが出来たのかな。と実感しました。

最後の挨拶をし、新幹線に乗っていく熊本の中学生の子どもたち。
それを見送るふくバト。
新幹線が出発する瞬間には、笑顔で「またね」と窓越しに手を振っていました。

ふくしまバトンとしての第一回の受け入れのプロジェクトは、無事怪我人が出ることもなく、全員が笑顔で終わることができました。

最後になりましたが、おかやまバトンがこのプロジェクトに参加できたことに改めて感謝するとともに、遠方からわざわざ来ていただいた熊本の方々、最後まで頑張ってプロジェクトを行ったふくしまバトンのメンバーとの繋がりをこれからも継続していければ幸いです。

4日目11
※旅館の前で記念撮影!

4日目22

4日目33
※涙ありのお別れでした。

これから先、3団体で刺激し合い、より良い未来を見つめていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
page top
ふくしまバトン×おかやまバトン共同企画 3日目
 皆さんこんにちは!三回生のぜってぃです(*´▽`*)
私からは福島での三日目の様子をお伝えします!

 この日の午前中は相馬市に行き、津波の被害や復興状況について学びました。お世話になった青少年会館の皆さんにご挨拶し、いざ出発!
福島三日目5
 この四日間、ふくバトがバスガイドをしてくれました ( *´艸`)

 バスで相馬市内を巡りながら、当時の様子や復興の状況についてのお話をお聞きしました。その後伝承鎮魂祈念館にも足を運びました。相馬市は漁業が盛んな街で、「相双の復興は港から」という強い思いから復興が進められてきたそうです。
福島三日目6
 震災から6年以上経ち、港には賑わいが戻ってきつつあるようです!原釜尾浜海水浴場の再開も今後予定されているらしいですよ!
 次は水着を持って観光に行き、相馬の魅力にもっと触れたいと思います(^^♪

福島三日目2
 さて、この日のお昼ごはんは…ちらし丼°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
新鮮なお魚たっぷりのちらし丼に、ほくほくの白身魚!わいわい楽しく食べることが出来ました(#^^#)

 午後からはいよいよ、今回の目玉であるシンポジウム!
 震災を経験しているふくしまバトンと西原中学校の皆さん。そして被災地支援活動に取り組んできた私たちおかやまバトン。震災があったからこそ出会えた三団体で「震災から得たものを未来へ繋ぐ」をテーマにそれぞれの想いを発表しあいました。
福島三日目4

福島三日目3
↑今回シンポジウムに参加して下さった熊本の皆さん(^▽^)

 また、基調講演として福島大学うつくしまふくしま支援センター特任教授の天野和彦氏から、「人を紡ぐ・いのちを紡ぐ」-地域で生きるために大切なこと―というテーマでお話いただきました。災害を人権の視点で捉えなおすという発想に非常に刺激を受けました。
福島三日目7
 支援者として私たちには「いのちを守る」使命があるということ。そして命を守るには「人と人がつながるしくみ」が必要で、そのためには何より「交流と自治」が大切であること。天野さんの講演で学んだこれらのことを、私たちの今後の活動で実践していきたいと一同強く感じました。

 3日目の最後は、フェアウェルパーティー(^▽^)
美味しい晩御飯をみんなで食べながら、ふくバトが作ってくれたムービーを観て、全員でこのプロジェクトの感想を伝えあいました。
 最後にはサプライズで日本舞踊の披露もあり、充実した時間を過ごすことが出来ました!
1福島三日目
 残すところもあと一日( ;∀;)
四日目の更新に続きます!
page top
ふくしまバトン✖おかやまバトン共同企画2日目
こんにちは!
一回生の のーなです!

「うつくしま・ふくしまへようこそ!〜未来へふみだす一歩〜2017」
2日目のご報告です♪( ´▽`)

今日はバスで会津若松へ!

まずは鶴ヶ城!
着いたーヽ(*^ω^*)ノ

Image_a86ccbf_convert_20171007144356o.jpg

鶴ヶ城は、熊本城を再建するにあたり参考とされているお城です。
白壁と石垣が美しい
グループごとに天守閣を目指します!

次は起き上がり小法師作り!

Image_ba4fe15_convert_20171007150245o.jpg

思い思いの起き上がり小法師が完成しました(*^o^*)

その後、ふくしまバトンのみんなが日本舞踊を披露してくれました!
衣装に着替えると顔つきもキリリと一変。
美しさ、色っぽさ、可憐さを兼ね備えていて引き込まれてしまいました…!

Image_8e6370c_convert_20171007150741o.jpg

日本舞踊体験では、初心者でも簡単に踊れるように振りをつけてくれていました!
ふるさとを思い出しながら踊れるように工夫が凝らされていて、楽しく踊れました

Image_36a678a_convert_20171007152014o.jpg


その後は語り部の庄司ヤウ子さんのお話を聞きました。

故郷である大熊町を震災の影響で離れることとなり、会津で『あいくー』を立ち上げ、
物作りの仕事をしていらっしゃる庄司さん。
全てを失った虚無感、喪失感に苛まれ、経験したことのない非日常のなかで、
自分らしく生きようと模索する日々が続いたそうです。

家族、周りの人を大事にしてほしい。災害にどう転ばされても、泥水を飲むままではなくて、
立ち上がらなければならない。自分から動くことで、周りからも手が伸びてくる。
それをつないでいく。仕事の先には笑顔がある。」

とおっしゃっていたのが心に残りました。

Image_1329b91o_convert_20171007152626o.jpg


次はあべ農園さんで桃狩り!
自由に桃を狩って丸かじりとはなんて贅沢なんでしょう~(о´∀`о)

Image_df1fd59_convert_20171007155640o.jpg

福島県も岡山県も桃の産地として有名ですが、味が違うのです!
ふんわりとしている岡山の桃に対し、カリッと固くてじゅわっと味の濃い福島の桃!

美味しすぎて6個、7個と食べている子もいましたよ(°▽°)
ご協力いただいたあべ農園の皆様ありがとうございました!


一日中みんな本当に仲良しですヽ(´ー`)

Image_83a12d3_convert_20171007145718o.jpg

Image_f0339d0_convert_20171007162137o.jpg

福島の伝統を知ることができました。
そして、震災から6年が経過した現在、福島の人々が持っている前向きな思いや温かさに触れることができました。

明日はいよいよシンポジウム!!
page top
ふくしまバトン✖️おかやまバトン共同企画 1日目

こんにちは! 一回生のゆうずぃですʕ•ٹ•ʔ

8月9日から12日にかけて福島で行われた、
うつくしま・ふくしまへようこそ! 〜未来へふみだす一歩〜 2017
の1日目の様子を報告していきたいと思います!!

ふくしまバトンや熊本の中学生と過ごした4日間をぜひご覧ください!!




お昼過ぎ、福島駅につくと、オレンジ色の服の人が!!

そう、ふくしまバトンのみんながお出迎えをしてくれました


うつくしま1-1



今度は私達も含めたみんなで熊本の中学生をお出迎え!!準備はバッチリ!!


うつくしま1-2


「ようこそ福島へ!!」



うつくしま1-3



みんな揃ったところで、除染情報プラザへ!

放射線に関するお話を聞きながら、実際に放射線を見る実験もしました!


うつくしま1-4



そして・・・・・ ウェルカムパーティーを開催していただきました

会場への道では、ふくしまバトンのみんながアーチをつくってくれました!!


うつくしま1-5



アーチを抜けると、美味しそうな食べ物がたくさん!!

チーム対抗ジェスチャーゲームをしながら、おしゃべりしたりして、みんなの仲を深めることができました


うつくしま1-6



明日からも、文化体験や震災への勉強など、様々な企画が待っています!!


うつくしま1-7
page top
第二回おかバト勉強会「非常食を美味しく食べよう!」
こんにちは!
1回生の のーなです!

さて、今回の勉強会のテーマは「非常食を美味しく食べよう!」です。
Image_2696166_convert_20171006001050b.jpg
なぜ、美味しく…? 
それは後ほどご紹介いたします!

まずはじめに、
Q.みなさんは非常食を常備していますか?

【していない人 (._.)ノ】
私自身あまり知りませんでしたが、美味しくて便利な非常食がたくさんあるんです!
Image_6d382ff_convert_20171006000634 a
これは東急ハンズの様子です。
このように身近なお店で買いやすい価格で販売されています。

【している人 (´∀`)ノ】
素晴らしいことです✨
しかし、賞味期限、大丈夫ですか?
3日〜1週間、生活できる分量がありますか?
Σ(・□・;)

そこで今回ご紹介するのが、『ローリングストック法』です。

『ローリングストック法』とは、
普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、
常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法のことです。

ポイントは、日常生活で消費しながら備蓄するというところにあります!

流れは、
(1) 食べ物(もちろん日用品にも可)を多めに購入
(2) 「少し多めに残っている」状態をキープ
(3) 古いものから日常の中で順に消費
(4) なくなる前に買い出し
です!

これによって、
・備蓄品の鮮度を保てるので、賞味期限切れで無駄にしてしまうことがなくなる。
・長期間生活できる食料を無理なく家にキープできる。
・いざという時に不慣れな食事をとらなければならないというストレスも軽減できる。
などの利点があります!


ということで、先日、
ぜってぃさん、あおいさん、のーなで、
日常生活の中での消費を意識して、非常食を美味しくいただきました!

まずは、カンパン
c.jpg
腹持ちがよいのが魅力ですが、そのまま食べるとパサパサしてしまうのであくまでも非常食…?

そこで、用意するのが

・カンパン
・板チョコ
・アーモンド

板チョコをきざんで湯せんで溶かし、
カンパンにチョコをかける!
アーモンドや割っただけの板チョコをお好みで乗せると…
Image_aeea8fa_convert_20171006010825l.jpg
アルフォート風のお菓子に✨
パサパサ感がなくなるので、食べやすくて、止まらなくなってしまいます…(°▽°)
日頃から食べておけば、小さなお子さんでもカンパンに抵抗がなくなりますね!


他にも、日頃から食べて美味しい非常食はたくさん!
Image_a6cc1a6_convert_20171006010559k.jpg
「名古屋コーチン入りつくねと野菜の筑前煮」は、
つくねはふんわり、里芋とコンニャクは素材の味が活きています!
ほっとする味です(*'-'*)

Image_4caf2a4_convert_20171006011144p.jpg
「温めずに美味しい野菜カレー」は、
温めなくても食べられるし、最長5年も持つという超優秀なカレーです!
最初は疑いの目でしたが( ̄  ̄)、甘すぎず辛すぎず大人も子供も満足できる味でした!

Image_e2602e6_convert_20171006011338pp.jpg
↑缶詰に入った「くるみパン」は開けるのも簡単!
日頃食べるなら、トースターで焼くとサックサクになってなおgoodです(´ω`)b

Image_4cd45ff_convert_20171006012048l.jpg
「やきとり」も甘辛いタレに絡んで美味しかったです!
缶詰は出荷後すぐよりも、しばらく保存されてからのほうが美味しく味が染みるように計算されているそうです(^O^)


非常バッグに非常食をつめて満足していたものの、気が付けば賞味期限切れ…!
といった経験があるのは私だけではないと思います(*_*)

『ローリングストック法』なら無理なく、非常食と日常生活を融合させることができそうです!!
すでにご存じだった方も、今回知ってくださった方も、ぜひ、できるところからはじめてみてください!


防災ガール
http://bosai-girl.com/2015/11/19/nichijyobichiku/

一般財団法人 日本気象協会 「得トクする!防災」
https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock03.html

page top
第一回おかバト勉強会「南三陸に学ぼう」
第一回おかバト勉強会「南三陸に学ぼう」担当:ヤマモトユウリ

 おかやまバトン勉強会第一回のテーマは「南三陸に学ぼう」でした。
 南三陸町といえば、おかやまバトンが2011年から冬のプロジェクトで毎年招待している志津川中学校野球部のみんなが住む街です。3月の東北旅行や夏の福興市に参加していると、南三陸の魅力や住んでいる人たちのパワーや熱意を感じました。そこで、今までずっと関わってきた南三陸について改めて調べ、学ぶことを第1回目の勉強会のテーマにしました。

 南三陸町は漁業や養殖業が盛んで、のどかな港町です。しかし、調べているとその他にも多くの観光資源があることや、震災から学んだ教訓を活かす様々な取り組みを行っていることを知りました。例えば震災の教訓を活かす取り組みでは、街全体の海抜を上げるべく盛り土をするだけではなく、海に近い地域に商業施設を固めて建設し、住宅地は高台にまとめること。その他にも、被災したときにリーダーとなり得る中高生に向けての熱心な避難訓練や救急救命講習の実施などがあります。

 また、南三陸は観光のPRがとても魅力的です。新しい物を生み出すのではなく、もとから地域あるものを再発見し魅力的にプロデュースしています。特に魅力的に感じるのは地域のお年寄りや子どもたちの笑顔で、その地域に住む人こそが一番の魅力なのだと学びました。

 震災を「忘れない」「風化させない」という言葉をよく耳にしますが、東日本大震災から7年目のいま、記憶をとどめるだけではなく、そこから教訓を学び、そして現に見事な復興を遂げた地域からそのノウハウや取り組みを自分たちの地域に活かすことが必要だと感じました。今回はインターネットで調べられる範囲での発表でしたが、おかやまバトンのメンバーで南三陸の地を再び訪れる研修旅行を企画したいと思う勉強会でした。
page top
釘子さん講演会
みなさんこんにちは!
3回生のがんつです!

さて先日6月11日(土)は、おかやまバトンメンバー(ぜってぃ、あおい、がんつ、ななこ、ひびき、ゆうずぃ)の6人で、
「陸前高田被災地語り部」釘子 明(くぎこ あきら)さんの講演会に行って参りました!

日時:6月11日(土) 16時30分~17時30分
場所:岡西公民館 石井分館
講演会の流れ:
1. 開会
2. 釘子さんの紹介
3. 釘子さん 講演
4. 質疑応答
5. 感想共有
6. 閉会

Image_e2b8713_convert_20171003225458 2


1時間の講演会でしたが、もっと釘子さんのお話を伺いたい、陸前高田のこと、東北を知りたいと思える講演会でした!
講演会では当時の津波被害の様子、避難所の状況、避難所での生活で大切なこと、震災に対する意識などについてお話してくださいました。

また講演会のラストでは、津波が押し寄せ、すべて流されてしまった状況から復興へと進んでいく陸前高田の様子をまとめたムービーと合わせてお話してくださり、釘子さんの発する一つ一つの言葉を噛みしめながら聴講させていただきました。

今回の講演会には岡山市外や県外からお越しの方も多く、また公民館での事業を行っている方々や震災・防災に関連した活動を行う方々との出会いもありました。このように、様々な場面でつながりを築き、また関わり合いながら活動できること、本当に嬉しく思います✨

さてここでおかバト期待の新ホープ!響ちゃんの感想を紹介したいと思います☺♡

「当時私は中学生で東日本大震災のことをニュースで知り、同じ日本で起こっていることなのになぜか遠い国のことのように感じたのを今でも覚えています。大きな出来事すぎて日本でこんな災害が起こったということを受け入れることができなかったのだと思います。

今日の講演会で、当時自分と同じ年の子達が自分も被災しているのに率先して手伝いをしたり、小さい子達の面倒をみたりしていた、というのを聞き、震災のことについて報道されている範囲でしか知らず、その時何もしなかった、できなかった自分を不甲斐なく感じました。

釘子さんがこの震災を教訓にして次に震災が起きた時同じことを繰り返さないことが震災で亡くなった方への一番の供養だとおっしゃっていました。私は自分が避難する場所の安全性や備蓄されている非常食などの量は知りませんでした。これは今まで震災を他人事だと思っていたからだと思います。

しかし、今日の講演会を聞き、震災を他人事と考えず、自分がいつ経験してもおかしくないことだという認識を持ち、もっと震災について考えたり、家族で話し合うことの大切さを改めて感じることが出来ました。今回学んだことを自分たちで考えたり人に伝えたりしてこれからの自分たちの活動に還元していきたいです。」


響ちゃん、ありがとうございました…!
釘子さんの講演会を通して震災への理解や意識が深まったことで、これから私たちにどのようなことが出来るのか、今年度活動の軸となる「勉強会」を踏まえしっかり検討していきたいと思います!
page top
おかやまバトン 大会議活動報告
こんにちは!
3回生のあおいです。

今回は5月21日に行いました、おかやまバトン大会議についてのご報告をさせていただきます。

まず、大会議をしよう!と考えた理由としましては、おかやまバトンの活動が今年度で7年目に突入していくうえで、「現在よりもさらに岡山との繋がりを強めていきたい!」という想いがあり、今後のビジョンを具体化していく中でOB・OGさんの意見も参考にしたい!と感じたために多くのOB・OGの方に声をおかけして、幸運なことにたくさんの方に集まっていただきました。

これまではおかやまバトンとして、「岡山で出来ること・岡山だから出来ること」という、この2つを軸に活動してきました。

そして今回の大会議では、全員でしっかりと話し合いをした結果として
2011年、おかやまバトンの初代の方々が抱いた「私たちに何かできることをしたい!」という想いは今も変わらないものの、東日本大震災から時間が経つにつれて先ほどの2つの軸というのは少しずつ変化していると感じていました。

そこで私たちは、今年度から「岡山“に”出来ること」という新しい活動の軸を掲げます!

これまで私たちが関わらせて頂いたすべての方々との間には大切な大切な繋がりがあります。皆様との繋がりに感謝し、この大切な繋がりを生かし、いろいろな知識を吸収させていただき、岡山に発信していくことが私たちだからこそ出来る「岡山“に”出来ること」であると考えました。

そして、今年度はこの軸を中心に「これまでの繋がり・発信・防災」という3つのことに特に力を入れていきたいと考えました。

まずは、知識を吸収していく活動の一環として、おかやまバトンのメンバー自体がしっかりと発信することができるようになるために「勉強会」を実施しようということになりました。

具体的に勉強会とは、おかバトのメンバーそれぞれが興味を持った被災地のことであったり、防災系のことであったりを自分で調べて分析し、自分の言葉で自身の考えも交えながら発表していくという会です。

今後も定期的に勉強会を実施し、学んでいきたいと思います。
そして学んだことを皆様に発信できるようにSNSも活用していけたらと考えております。
(SNS情報につきましては最後に記載させて頂きます。)

今年度からは本格的に防災のイベントにも参加していき、岡山に少しでも貢献出来れば嬉しく思います。
そして、これまでの繋がりも大切にしていきます!
今後もおかやまバトンをよろしくお願いいたします。

大会議11
※参加者の皆さん!

大会議22

大会議44


おかやまバトンのSNS一覧です!
よろしかったらご覧ください。
Twitter:twitter.com/okabato
Facebook:facebook.com/okayamabaton/
Instagram:instagram.com/okayamabaton
page top
2017年度 おかやまバトンの柱
 皆さんお久しぶりです!三回生のぜってぃです(^▽^)/
更新が出来ておらずすみませんm(__)m
夏が終わり、風が涼しくなってきましたね。皆さん素敵な夏の思い出はできたでしょうか?

 さて、今年度の活動が始まってから約半年たちました。おかバト2017年度上半期の活動について、今日から毎日少しずつ発信していきたいと思います。今日は『新しい取り組み「岡山“に”出来ること」』についてお話し、5月の活動もいくつか紹介しちゃいます (`・ω・´)b

〈新しい取り組み「岡山“に”出来ること」って…?〉
 2011年、初代の先輩方が抱いた「私たちに出来ることを何かしたい!」という想いは、今も変わりません。しかし6年目、7年目と時間が経つにつれ、段々と「岡山で出来ること・岡山だから出来ること」は変わってきていると感じております。

そこで私たちは、今年度から新しい活動の柱として「岡山“に”出来ること」を掲げます!

 これまで私たちが関わらせて頂いた方々との間には大切な大切なつながりがあります。皆さんから私たちが学んだことは計り知れません。皆様とのつながりを生かし、いろいろな知識を吸収し、岡山に発信していくことが私たちだからこそ出来る「岡山“に”出来ること」であると考えました。
岡山の方々の震災や防災に関する意識を高める新しい活動にどんどん挑戦していきます(*^▽^*)





〈5月の活動紹介〉
 さて、続いて5月の活動を2つ紹介します(`・ω・´)b
①第0回勉強会
 震災や防災に関する知識を吸収する活動の一環として新しく取り組んでいる「勉強会」!
色々な講演会・研修会に参加したり、担当メンバーがテーマを決め学習・研究したことを発表したりしています(^o^)
0回勉強会ブログ写真1
 写真は新入生向けに開催した「第0回勉強会 東日本大震災とおかやまバトンの基本を知ろう!」の様子です。5月8日(月)開催でした。東日本大震災の被害がどのようなものであったか、おかやまバトンがどんな団体でどんな活動をしてきたのか、などなど新入生の皆と一緒に「0」から学びました(≧▽≦)

②「児島湖流域の災害リスクを考えよう!~防災と減災に関する予備知識~」
 5月の活動第二弾です(*´ε`*)「勉強会」の一環として5月20日(土)に開催された「児島湖流域の災害リスクを考えよう!~防災と減災に関する予備知識~」に参加し、おかやまバトンからも大学生の立場から防災についてお話させていただきました!(児島湖流域エコウェブ様主催 岡山大学環境理工学部様共催)
0回勉強会ブログ2
 今後いつ発生してもおかしくないとされる南海トラフ地震。岡山県もその影響が心配されております。このフォーラムでは、まず岡山危機管理室の方や中国四国農政局農村振興部防災課の方のお話を聞きました。その後「災害前・災害中・災害後に私たちが出来ること」について参加者の皆さんと話し合いました。
 ハザードマップは色が塗られていないから安全というわけではないため、地域の特性を知ることが何より大切であることや、おかやま防災情報メールについて学ばせて頂きました。
 
◎おかやま防災情報メールは岡山県内の最新の防災情報配信サービスで、誰でも簡単に登録出来ます。岡山にお住まいの方はぜひ以下のサイトから登録してみてください(^▽^)/

登録はこちらから→http://www.bousai.pref.okayama.jp/bousai/mail/
© おかやまバトン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG