FC2ブログ
岡山大学の学生や教職員を中心に結成した被災地支援団体です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
5年間のBaton~岡山でできたこと 岡山だからできたこと~
こんにちは!お久しぶりです、3回生のゆうりです。
お天気キャスターによると中四国エリアはもう梅雨入りしたらしいですね。
雨ニモ負ケズ、単位獲得を目指して毎日頑張ります!

さて今回は、5月21日に実施したおかやまバトン報告会
「5年間のBaton~岡山でできたこと 岡山だからできたこと~」について書こうと思います!


今回の報告会は、おかやまバトンが東日本大震災の発生をきっかけに発足してから5年が経過したということで、今までお世話になった方々に5年間の取り組みを報告し感謝の気持ちを伝えるということを目的に企画しました。

会場は岡山大学津島キャンパスの国際交流会館。おかバトが活動してきた中で何度もお世話になっている、思い出の詰まった施設です。


この日はおかバトのOBOGもたくさん駆けつけていただき、現役メンバーと一緒に会場の飾りつけや報告会の準備をしてくださいました…笑

そして、13時30分いよいよ開場!!
直前まで広報活動を粘ったおかげで、予想以上に多くの方が足を運んでくださいました。ありがとうございます!

13403783_950423805070756_2825791926310421215_o.jpg



13350492_950423571737446_6672014538741355332_o.jpg

満席の状態で報告会は始まりました。
第一部は、主におかバトからのこれまでの活動報告。
メンバーが力を合わせて作成した活動のダイジェストムービーや
おかやまバトンの紹介。
13416947_950423025070834_2280776089823286783_o.jpg


そして「福島 里の子会」や「南三陸町立志津川中学校野球部」との二つの絆の話。



この報告会のためだけのために、はるばる福島から駆けつけてくださった「福島 里の子会」の花柳沙里樹先生。
沙里樹先生にもお話をしていただきました。
13350232_950423358404134_4166432066045336897_o.jpg


「私たちはかわいそうなんかじゃない。」
僕の胸には特にその一言が突き刺さりました。


しかし「福島 里の子会」の一人のメッセージを先生が代読されたときに、「おかバトのことが大大大大大好きです」という言葉を聞くことができたときこの活動を続けてきて本当によかったと思いました。
そして初年度の冬のプロジェクトに参加てくれた志津川中学校野球部OBの子、保護者の方からのメッセージの代読。




イマ、活動している現役メンバーから来場者の方々に伝えたい事。
13403182_950423181737485_3948320725896059660_o.jpg


社会人、そしておかやまバトンOBOGという立場から来場者の方々に伝えたい事。

13321826_950423698404100_2980538674495549823_n.jpg

最後にみんなで記念撮影をして第一部は終了しました。
13392046_950426925070444_2927418474815861086_o.jpg





第二部は一つの大きなテーブルを囲んでのフリータイム!
報告会の感想や今後の活動に求められること、そして今までの思い出話など。
普段は落ち着いてお話しできない方とも、意見の交流やたくさんお話ができました。
おいしいお菓子と飲み物を口にしながら、和やかな雰囲気の第二部でした。
13415474_950428998403570_6798667442801536754_o.jpg

13323590_950428765070260_9110000625952761873_o.jpg



13346150_950429768403493_1341582929700471029_o.jpg


13416832_950423215070815_6643059144203559846_o.jpg


 これまでの活動の報告と感謝の気持ちを伝える目的で実施した報告会「5年間のBaton~岡山でできたこと 岡山だからできたこと~」。しかし結果的には、たくさんの方々に支えられながら自分たちは活動ができているのだということを改めて感じた会でした。岡山で活動を見守ってくださる企業・団体・個人の方々はもちろんのこと、自分たちのような学生が企画したプロジェクトに毎回参加してくれる福島と宮城の子どもたちや保護者の方々。そして困ったときはいつでも助けてくれるOBOG。どの部分が欠けてもおかやまバトンがここまで活動を続けてくることはできませんでした。
 おかやまバトンはこれからもたくさんの「バトン」を受け取り、そしてつないでいきます。「何かしたい。」という気持ちから始まったおかやまバトン。自分たちにできることは何か、また自分たちにしかできないことはないか。今週もまたみんなで集まり、考え、悩みながら一所懸命に活動を続けていきます。

6年目のおかやまバトンも、これからずっと先のおかやまバトンも、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© おかやまバトン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。