FC2ブログ
岡山大学の学生や教職員を中心に結成した被災地支援団体です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
第一回おかバト勉強会「南三陸に学ぼう」
第一回おかバト勉強会「南三陸に学ぼう」担当:ヤマモトユウリ

 おかやまバトン勉強会第一回のテーマは「南三陸に学ぼう」でした。
 南三陸町といえば、おかやまバトンが2011年から冬のプロジェクトで毎年招待している志津川中学校野球部のみんなが住む街です。3月の東北旅行や夏の福興市に参加していると、南三陸の魅力や住んでいる人たちのパワーや熱意を感じました。そこで、今までずっと関わってきた南三陸について改めて調べ、学ぶことを第1回目の勉強会のテーマにしました。

 南三陸町は漁業や養殖業が盛んで、のどかな港町です。しかし、調べているとその他にも多くの観光資源があることや、震災から学んだ教訓を活かす様々な取り組みを行っていることを知りました。例えば震災の教訓を活かす取り組みでは、街全体の海抜を上げるべく盛り土をするだけではなく、海に近い地域に商業施設を固めて建設し、住宅地は高台にまとめること。その他にも、被災したときにリーダーとなり得る中高生に向けての熱心な避難訓練や救急救命講習の実施などがあります。

 また、南三陸は観光のPRがとても魅力的です。新しい物を生み出すのではなく、もとから地域あるものを再発見し魅力的にプロデュースしています。特に魅力的に感じるのは地域のお年寄りや子どもたちの笑顔で、その地域に住む人こそが一番の魅力なのだと学びました。

 震災を「忘れない」「風化させない」という言葉をよく耳にしますが、東日本大震災から7年目のいま、記憶をとどめるだけではなく、そこから教訓を学び、そして現に見事な復興を遂げた地域からそのノウハウや取り組みを自分たちの地域に活かすことが必要だと感じました。今回はインターネットで調べられる範囲での発表でしたが、おかやまバトンのメンバーで南三陸の地を再び訪れる研修旅行を企画したいと思う勉強会でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© おかやまバトン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。