FC2ブログ
岡山大学の学生や教職員を中心に結成した被災地支援団体です。
page top
岡山市北区ボランティア活動報告
こんにちは!
4回生のあおいです。

本日は、先週の11日(水)におかやまバトンのメンバー3人で参加した
岡山市北区のボランティア活動についてご報告させていただきます。

まず初めにこの度の豪雨による災害で被害にあわれている方々へ
心よりお見舞い申し上げます。
1日でも早い復興のため、おかやまバトンとしても岡山の力になれればと思う所存でございます。


さて、本題に戻らせていただきます。

7月11日(水)に岡山市北区では、ボランティアセンターが立ち上げられました。
それに合わせて、おかやまバトンのメンバーでも現地に行きたいと思っているメンバーに声をかけて、合計3名で行くことに決定。
総社市などの被害の大きい地域を行くことも考えましたが、多くの方々が総社などに行っているだろうと思い、今回は大学生ということもふまえて
北区のボランティアに行かせていただきました。

実際にボランティアセンターに行ってみると、立ち上げ初日ということもあり
ボランティアセンターの方々もバタバタとしている印象を受けました。
また、ボランティアに来る方々もベテランの方々というよりは、初めて来る人が多い印象を受けました。

受付けを済ませて、マッチングも終わり、班のリーダーを決めて(僕がリーダーに任命されました!)
依頼先のご自宅に伺いました。
が、家の方が不在という事態、、、

そのあとに紆余曲折あり、僕たちはフリーマンとして周辺のボランティアさんのヘルプに回ることになりました。
活動していく中で、使い慣れた家具や歴史を感じるお人形など様々なものを見るたびに胸が締め付けられる思いでした。
そして、気温も高く、日差しも強かったので
こまめに水分を取りながらの活動。
みんな汗だくで、飲み物の減りもとても激しかったです。

全員、熱中症の症状もなく無事に終了し
地域の方々からも「ありがとうね。」とお言葉をいただきました。

活動を終えて思ったことは
被害にあわれた方、皆さんが言われていたことなのですが
「まさか、岡山が浸水被害を受けるとは思っていなかった。」という言葉。
正直、自分自身でも岡山が、まさかこれほどの被害を受けるとは思ってもいませんでした。
自分の意識の低さに猛反省です。

また、水に浸かった家具などを運ぶ段階での軽トラックの必要性を痛感しました。
軽トラックに関しては、何台あっても足りないのではないかという印象も持ちました。

最後に、ボランティアは長期間に及ぶと思われます。
少しずつでもいいので、長い目で見て支援ができればと自分自身、思っております。

IMG_2610_convert_20180725011655.jpg



頑張りましょう おかやま!

2018/7/20
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© おかやまバトン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG