FC2ブログ
岡山大学の学生や教職員を中心に結成した被災地支援団体です。
page top
「Life 生きてゆく」上映会/対談会「私たちができる防災って」
こんにちは。
三回生のごうです。

9月は、先日フレッシュ一年生のみんなに参加報告してもらった「コープフェスタ2018」の他にも、イベントが盛りだくさんでした。
コープフェスタ2018の参加報告は≪こちら≫から!
ここでは、9/23、24日に倉敷市内で行われましたドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」上映会と、それに伴う大学生との対談会「私たちができる防災って」の参加報告をさせていただきます。

9月23日は、くらしき防災士の会さん・岡山防災ボランティアさん主催で開かれました、映画「Life 生きてゆく」上映会にお邪魔しました。このイベントには、岡山防災ボランティアの小野さんの勧めで参加させていただきました。
映画「Life 生きてゆく」は、東日本大震災の発生と復旧・復興、その激動の年月と“知られざる悲しみ”の物語を、復興浜団 上野敬幸さんの視点で描くドキュメンタリー映画です。自宅のあった福島県南相馬市萱浜地区に残り、行方不明者を捜索するボランティアに携わりながら、津波で流されて亡くなった両親と2人の子どもを常に想い続ける姿を、そして「天国のみんなに安心して欲しい。」という想いを胸に、遺された家族と前を向いて再起を誓うその姿を、5年半に渡って追い続けた“命”の物語。
家族を想う気持ち、生きることの意味、自分ならどの道を選ぶか…。そんな難しい質問を投げかけられたような気がしました。
映画上映後に催された、監督 笠井千晶さんと上野さんのトークイベントで、何度も強調されていたのはこのような内容でした。

こうした「Life」のような物語が被災した人の数だけある。

「震災を風化させないように」と言うけれど、一番はこうした教訓を忘れないで活かしてほしい。

災害が起きたら手遅れになる前に逃げるように。命が何よりも大切だから。生きていることが大切だから。

1


9月24日は、おかバトから3名「Life」主人公 上野さん、監督 笠井さんに、美作大学ボランティアセンターの方々を交えての対談会「私たちができる防災って」に参加させていただきました。
上野さんや笠井さんの、災害支援ボランティアに対する前向きな考え方、大学生だからこそできるボランティアの在り方、「まさか」の事態に備えた準備や心構え…多くの気づきが得られて、2時間があっという間に感じられました。本当に貴重な体験でした。

今回参加させていただいたイベントでの気付きやアイディア、それらを今後の活動に活かしていけるよう努めたいと思います!

今回のイベントにご招待くださった小野さん、そしてイベントでお会いした皆さん、本当にありがとうございました!

2_201810072200265d3.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© おかやまバトン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG